メニュー

コラム 感染の種類

[2020.03.24]

感染の種類

ウイルス・菌は、①接触感染(経口感染含む) ②飛沫感染 ③空気感染の3つのルートによって感染します。
この感染ルートを断つことが、ウイルス・菌の感染対策のポイントです。

①接触感染
 ウイルス・菌などの感染源が、そのウイルス・菌に対して抵抗力がない状態の人に触れることによって感染します。
 ウイルス・菌のついた手指で口や鼻を触って粘膜から感染する場合や、
 ウイルス・菌を含む食品を食べたり飲んだりすることで感染する場合もあります。
 接触感染を防ぐためには、手洗いを行うことが重要です。

 〇接触感染で感染する主なウイルス・菌
 ノロウイルス、腸管出血性大腸菌、MRSA、緑膿菌など


②飛沫感染
 ウイルス・菌を含んだ飛沫が咳やくしゃみ、会話などによって飛散し、
 それが鼻や口の粘膜などに接触することによって感染します。
 水分を含んだ飛沫は1メートル程度の距離を飛んだ後、
 地面に落下するので空中を漂い続けることはありません。
 飛沫感染を防ぐためには、不織布製マスクの使用が欠かせません。

 〇飛沫感染で感染する主なウイルス・菌
 インフルエンザウイルス、ムンプスウイルス(おたふくかぜ)、風疹ウイルス、レジオネラ菌など


③空気感染
 ウイルス・菌を含んだほこりが空気中に浮遊し、それを吸い込むことによって感染します。
 水分を含まないほこりは長時間空中を浮遊し続けるので、
 感染範囲は部屋全体や、空調が共通の部屋にも及びます。
 空気感染を防ぐには、N95マスクなど高性能ろ過マスクの着用や、病室の換気に注意することが必要です。

 〇空気感染で感染する主なウイルス・菌
 結核菌、麻疹ウイルス、水痘ウイルスなど

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME