メニュー

気管支喘息

気管支喘息は子どもの慢性呼吸器疾患のうち最も頻度が高い病気の一つです。発作性に気道が狭くなり、咳やゼーゼー、呼吸困難を繰り返します。気管支喘息は慢性的に気道に炎症が存在しているため、重症度に応じて発作時の治療と発作予防の治療をしっかりやっていく必要があります。東陽町駅前クリニックでは日本小児アレルギー学会作成の「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」に準じて診療を行っております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME