メニュー

便秘

子どもではとても頻度の高い病気です。大人の便秘と異なり、子ども特有の問題があります。「放っておいてもそのうちよくなるだろう」などと考え初期に適切な治療がなされなければ、こじれてしまったり慢性化してしまうことも少なくありません。その結果、便秘そのもので苦しむだけでなく、イライラや学習障害などの精神的悪影響を及ぼすこともあるとされています。今は安全性の高い薬も多いので、必要に応じて薬の助けも借りながら排便習慣をつけていきましょう。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME